teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ぽちさん

 投稿者:nyao@管理人  投稿日:2007年 3月28日(水)02時20分46秒
  これも、もう少し勉強を続けるとわかると思うのですが、
今後、もしも発病した時に、それが、その時に告知をしなかった検査結果に対して因果関係がある傷病であるかどうか、というのが判断基準となります。

医学的なことでもあり、また保険会社によって判断も分かれますので明言は出来ませんが、経過年数によって違うと思われます。

本来は告知しなければならなかった、それが正しい方法ですので、担当者のやり方は間違ってますし、普通のことではありません。
だだ、理由はあなたのことを思ってのことではないかと思います。それでも間違っていることに変わりはありませんので、ひとりで不安や不信をつのらせるよりも、その人に直接、率直に聞いてみるのが一番ではないかと思います。

以上、参考にしてください。
 
 

(無題)

 投稿者:ぽちメール  投稿日:2007年 3月28日(水)01時03分8秒
  ありがとうございます。今の保険を続けることにします。
またまた、質問ばかりで申し訳ないのですが、私は一生卵巣系の病気では保険がおりないのでしょうか?
本当に何も知らないことばかりで、保険の営業ができるのか自信がありません。
また、そんな担当者に不信感をいだいてしまいます。
「診査医の人に言わなくていいからね。」と言っていたのを覚えています。
保険の営業をしている方から見ると、どうなのでしょうか?普通のことなのですか?
 

ぽちさん

 投稿者:nyao@管理人  投稿日:2007年 3月27日(火)12時19分0秒
  もう少し研修を受け続けるとわかると思いますが、

ぽちさんが、今後、告知義務違反した事柄(卵巣に関する病気など)で
入院や万一があった時は保険が適応されない可能性がありますが、
それ以外の場合(因果関係がない傷病の場合)には保険は問題なく適応されます。

個人的には、
今の保険を続けられて、卵巣系の病気の際は諦めて保険金請求しない、
と考えた方が良いのではないかと思います。

もしくは、違う保険会社で、告知の上で保険加入してみて、
それから今の保険を解約する、という方法もあると思いますが、
告知すると、部位不担保条件(特定の箇所の傷病について保険が適用されない条件)
となる可能性が高いです。

すると、結果的に今の保険を続けて、卵巣系の病気の際は請求をしないでおくのと
同じ結果となります。

以上ご参考に。
 

教えてください。

 投稿者:ぽちメール  投稿日:2007年 3月27日(火)02時15分16秒
  初めまして。今生保の研修をうけています。
色々勉強をしていくうちに、大変なことが分かりました。
私は1年半前に卵巣脳腫の疑いで検査を受けています。MRIに入り、調べた結果、脳腫は消えてしまっていました。「まあ、心配ないから。定期的に検査だけうけたら?」とのお医者様の答えでした。
その1年後、生命保険に加入したのですが、そのときの担当者は「検査してなんでもなかったんだから大丈夫!」とそのことを告知しないまま契約をしてしまいました。
でも、これって告知義務違反ですよね・・・。
恥ずかしながら保険の知識がまったく無かったのです。
今、保険の勉強をし始めて、やっと気がついたんです。私はどのようにしたらいいのでしょうか・・・。
どうぞよろしくお願いします。
 

ありがとうございました。

 投稿者:ツッシー  投稿日:2007年 3月12日(月)12時58分52秒
  早速のご返答有難うございます。
ようやく理解する事が出来ました(笑)
このままでしたら屁理屈をこねる問題児・・・という事に。
失踪者を持つ身内的には「突然いなくなっての死亡は予想できない範疇じゃないの?」的な考えもあったものですから・・・。
対応した保険会社の方に不満は残りますが問題自体にはスッキリしました。
重ね重ねありがとうございます。
 

ツッシーさん

 投稿者:nyao@  投稿日:2007年 3月12日(月)12時20分23秒
  生命保険の災害死亡割増特約のことを仰っていると思いますが、
この特約は、災害死亡と認定できる場合に死亡保障が割り増しになる、
という特約です。口頭で表現する際に、病気死亡とケガ死亡の違い、
と言うとわかりやすいので、よくそういう言い方をしますが、
正しくは「災害死亡と認定された場合に適用になるのが災害死亡割増特約」
というのが正しい解釈です。
死亡認定の場合には、災害死亡と認定されないために適用されない、
と解釈いただければと思います。
 

失踪者への支払い

 投稿者:ツッシー  投稿日:2007年 3月12日(月)11時40分20秒
  色々検索していてココに辿り着きました。
具体例で申し訳ございませんが、ウチの親父が失踪しておりまして先日裁判所から死亡認定がおりました。
そこで、一応何かあった時の事を考えかけていた生命保険の請求を申請したのですが保険会社からの支払いは病気死亡の支払いしか出来ないとの事でした。
素人考えで申し訳ないのですが「交通事故」「不慮の事故」「病気」と保険金額が区分けされていれば少なくとも「交通事故」「病気」ではないと思うんですが・・・。
保険会社の見解では「不慮の事故」は急激で偶発的な外来の事故でなければならないの一点張りで、今ひとつ理解ができません(事故証明?みたいな書類が必要と言われました)
私から見ると「病気」の診断書もだせないんですけど・・・。
コレって当たり前の事なんでしょうか?中々近くに失踪者を持った知り合いが居ず(笑)誰に聞けばよいのか判らずメールしてみました。
長々と失礼致しました。
 

re:保険の資格について

 投稿者:まゆ  投稿日:2007年 2月21日(水)13時10分59秒
  とても勉強になりました。
自分が保険業界で本当に働きたいか、もう一度考え直してみますね。
いろいろとありがとうございました。
 

まゆさん

 投稿者:nyao@  投稿日:2007年 2月21日(水)11時38分59秒
  大手生保会社ですは、新規登録でしか募集人資格を取得しないので、
既に持っている資格を移管させることができません。
これは大手生保会社の方針のようです。

辞めるときも、生命保険募集人資格をいったん廃業することになっていますので、
同業他社に転職する際は、募集人資格を取り直すことになります。
ただし、生保大学資格は、資格喪失期間が一定期間内であれば
次に資格取得した際にまた復活継続できる、ということです。

代理店などが同業他社への転職を避けたがるのは、
情報漏えい等などの観点からというのが主な理由でしょうね。
当社でもそういう規定を一応設けいています。
あくまで社内規定であって、一般的というわけではありませんが。
 

re:保険の資格について

 投稿者:まゆ  投稿日:2007年 2月21日(水)10時59分8秒
  夜分にレスいただいたんですね、ありがとうございます。

”廃業届けを書かないと、大手生保への転職ができなくなり”
というのはどういうことなのでしょうか。
大手では一から仕事に就く人が優遇されるということでしょうか?

あと、”代理店によっては数年間は、同業他社への勤務を禁止する”
とは何の意味があるのでしょうか?


保険の仕事を考えていろいろ調べてみましたが、
保険業界は大変な時期みたいですね。
 

レンタル掲示板
/27